Menu ( 総合目次 )         クリックしてください
     
      

     

   
 庭石(山石、川石) や 御影石の固まりは、簡単に砕いたり、削ったり出来ないし、魂が移り込み
  やすいところに置かれていたものは、廃棄物受入所に”受け入れを拒否”される場合があります。
  例えば大きな岩石、墓石、お地蔵さん(形状や彫込んだ文字により判る)、灯籠、五重塔 等
   

      

  外宮(稲荷社 or お社 or 氏神社 等)、台座、灯籠、石塔、狐石像 or 狛犬石像、玉垣等の廃棄
   
 石製品の廃棄は、金属製品と同じように、専門の受付・廃棄所があります。一般ゴミのように燃やすことも出来ず、コンク
  リートガラや建築資材ゴミのように粉砕等出来ず、金属のように溶かして再利用も出来ず、深い穴にそのまま埋めること
  になるのですが、石材廃棄物の中でも長く拝まれていた物には、霊が宿っているとして受付てくれる廃棄所はかなり
  少なくなります。文字彫り込みや紋所彫り込みがしてあるものの廃棄は極めて難しくなります。その場合、現場 又は
  石やの置場等にて文字や紋を削り取ったり、細かくして元の形を判らなくしてから廃棄所に持ち込みます。
   
 1.石工(作業員)費用   石工(作業員)は、通常2人で作業します。 25,000×2=¥50,000/日(首都圏価格)
   
 2.運搬費用   4 t 又は 2 t 車による、特殊産廃所までの運搬費用。    
        片付け場所から特殊産廃所までの距離、有料高速代等にもよりますが、
        4 t ユニック車使用で、¥35,000〜¥45,000/回(首都圏価格)
        2 t ユニック車使用で、¥25,000〜¥35,000/回(首都圏価格) が、目安となります。
   
 3.廃棄費用   特殊産廃所で受け付けてくれる廃棄費用。 ¥20,000/ t
   
 4.管理費用   お炊きあげ含む一連の廃棄作業の管理費用  ¥10,000〜¥20,000/式
   
 上記 1〜4 の合計が御請求金額となります。(消費税別)
     
 但し、弊社の ”御影石製お宮”を従来使用の ”木製お宮”に替えて採用したので、従来使用の ”木製お宮”を廃棄
  しなければならなくなった ----- の場合、 ☆神主さんに旧お宮の魂抜きをしてもらう ☆運搬・お炊き上げ費用
  として心付けを御負担いただく   ことを条件に知り合いの神社にてお炊き上げしてもらいます。
     
   
 <注意> 工事開始前と工事完了後に、お祓いをして頂いたり、御霊を預かって頂いたり、御霊を戻して頂いたり、
   完成後のお祓いをして頂いたり・・・を、して頂く神社の神主様へのご依頼は、お施主様にお願い致します
   

          

外宮(お社 or 氏神社 or 土地神宮 or 鎮守宮)、稲荷社/台座、灯籠、石塔、狐石像 or 狛犬石像
   、玉垣等の再設置
   
 ベース部分からの再設置だと、現場を見て状態を見てからでないと、見積もりは出ませんが、重い石材加工物を
  動かし、通常の地震程度では動かないよう、しっかり固定するには 1 日当たり、以下の金額がかかります。
   
 1.石工(作業員)費用   御影石は比重が3.0近くあります。 例えば30cm角のものの重量は、約75kg程度あります。
            石工(作業員)は、通常2人で作業します。 25,000×2=¥50,000/日(首都圏価格)
    
 2.副資材費用   特殊接着材、目地材、砂・セメント、補修材 等 ¥10,000〜/1物件
  
 3.重機、特殊重機・器具費用   現場状況により異なります。
            ユニッククレーン 運搬費用共  ¥30,000/日(重量物の運搬/移動、吊り上げ、下げ)
            ユンボ 運搬費用共  ¥50,000/日(重量物の運搬/移動、吊り上げ、下げ、穴掘り、杭打
                      ち)
              キャタクレーン 運搬費用共  ¥50,000/日(重量物の運搬/移動、吊り上げ、下げ)
              三脚 運搬費用共  ¥20,000/日(人力施工に必要な道具代)+2 人以上必要な追加石工費
   
 4.管理費用   諸経費、特殊器具 等の用意と一連の管理費用 ¥10,000/1物件
 
 上記 1〜4 の合計が御請求基本金額となります。(消費税別)
   
   
 <注意> 工事開始前と工事完了後に、お祓いをして頂いたり、御霊を預かって頂いたり、御霊を戻して頂いたり、
   完成後のお祓いをして頂いたり・・・をして頂く神社の神主様へのご依頼は、お施主様にお願い致します。
   なお、旧材を一度はずして補修をし、再設置する場合、丁寧に外しますが、長年の劣化により外した旧材が使用
   出来ない場合も十分考えられます。
   

     

  一般的な庭石・御影材・川玉石・飛び石・灯籠・五重塔等の廃棄
   
 バブルのとき、又はもっと以前。祖父や父が石が好きで庭を造った。かなりかかったと聞いている。
  家を建てた業者に庭も一緒に造ってもらった。 休みの日に石を積んだトラックが来て安くするから買ってくれないか
  と言われ据付け込みでやってもらった。 隣に来ていた庭師のおじいさんに造ってもらった。今はリタイアしたみたい。
   
 庭をカタシてもう一棟建てて子供と敷地内同居しようと思っている。  子供ができたので庭で遊ばせたいが転ぶ
  ことを考えると石は危険に思われる。  いずれにしても石が邪魔になったので安くてもいいから引き取って
  くれないか?無料で引き取ってもらえないか?  など電話が入ることがあります。
   
 残念ながら、バブル以降、都会部では個人で庭石を使った池や滝、流れ、景石を配した庭を新たに造ったり、樹木を
  配した日本庭園を維持してゆく方がかなり少なくなっています。
 石を引き取っても使う人が出てこない状況なのです。また、引き取る作業員費用(人件費)、運搬する車両代、需要が
  有る迄保管しておく土地費用 等々を考えると無料でも引き取れないのが現状です。  
   
 どうしても石を廃棄したい方は ----- 新たな建造物をお考えなら、工事の一環として見積してもらって下さい。
 知り合いの造園屋さんがあるならそうだんしてみて下さい。ご親戚、お知り合いに再利用出来る方がいらっしゃるなら
  きいてみてください。
     
 弊社にて一般の庭石や御影石を特殊産廃所まで持って行き、投棄する費用の基本価格は以下のようになります。
   
 1.石工(作業員)費用   石工(作業員)は、通常2人で作業します。 25,000×2=¥50,000/日(首都圏価格)
   
 2.運搬費用   4 t 又は 2 t 車による、特殊産廃所までの運搬費用。    
        片付け場所から特殊産廃所までの距離、有料高速代等にもよりますが、
        4 t ユニック車使用で、¥35,000〜¥45,000/回(首都圏価格)
        2 t ユニック車使用で、¥25,000〜¥35,000/回(首都圏価格) が、目安となります。
   
 3.廃棄費用   特殊産廃所で受け付けてくれる廃棄費用。 ¥20,000/ t
   
 4.管理費用   一連の廃棄作業の管理費用  ¥10,000〜¥20,000/式
   
 上記 1〜4 の合計が御請求金額となります。(消費税別)