この上蓋式は定礎箱の中で最もオーソドックスな形です。従来は上蓋部が浅かったため、
  年数が経過してビル等建て替えのため取り出してみると、定礎箱自体が変形している
  ケースが多々ありました。弊社では内箱と外箱が重なり合う形状を採用し、
  上下左右からの力と捻れに対応する定礎箱にしています。重なりシロを多くとること
  により、シール面積も多くなりますので密封期間も長持ちします。
 レディーメイドではありますが、熟練職人が手作業で一つずつ作っています。
  内箱と外箱の間の緩みは約1mmで仕上げております。(このタイプの定礎箱の文字部は
  別製のステンレスプレートを箱部に貼付けて仕上げております)
   

    

           Menu ( 総合目次 )         クリックしてください
           
           
       
           
   

     

  ▼▼▼ ステンレス製レディーメイド定礎箱 上蓋式
  ▼▼▼ (ステンレス製オーダーメイド定礎箱 上蓋式)

 

 ▼ 製品No. STLU-A4H ステンレス製A4収納タイプ上蓋式(艶消し)

       左:全体、右:底部

   

  

     

     

”定礎箱”取り扱い用の”白手袋”サービスでおつけしています。

    

    

 ▼ 製品No. STLU-A3H ステンレス製A3収納タイプ上蓋式(艶消し) 

           左:全体、右:外蓋と内箱

     

  

     

     

”定礎箱”取り扱い用の”白手袋”サービスでおつけしています。

    

     

 ▼ 製品No. STLU-A3D ステンレス製A3収納タイプ(大)上蓋式(艶消し) 

            左:全体、右:外蓋と内箱

     

  

     

   

     

”定礎箱”取り扱い用の”白手袋”サービスでおつけしています。