従来の石製外宮に対し改善点をあげるなら ----- 扉口をより広くとって欲しい。
              上記とほぼ同意見だが扉内の収納スペースをより広くとって欲しい。
   という意見が多かったため、妻入型外宮と地蔵堂をつくりました。
  御影石製のため腐食の心配もなく、薄い板材使用カ所でも基本 3 cm 以上を使用し、接合部は
   ダボ筋で補強したり、建築工事の際用いられる石材用セラミックボンドで接着するなど
   実物を見て、触れて頂ければ故意に傷つけたり壊そうとしても難しいことが
   わかっていただけると思います。
  半永久的に手間いらず、次世代・次々世代に引き継げます。
  オプションで間仕切り、棚、小引き出しを内部に造れます。
    
       
  ▼  石造り妻入り型外宮(Mサイズ) 完成例・製作過程
  ▼  地蔵堂(石碑収納庫) 完成例・設置過程
  ▼  石造り四方流れ型外宮( LL サイズ)  製作過程
 Menu ( 総合目次 ) クリックしてください
     
  
  
  
  
  
  
     
  
  
  
  
  
     

    

  ▼  妻入り型外宮 (完成例と製作過程)
      

     

   
 弊社駐車場内 製品見本 として設置した妻入り型お宮。スペースの関係で建物際に設置
  となりました。屋根材など無垢材からの削り出しなので存在感がすごくあります。
 御鈴と鈴緒をつけました。式日には注連縄を張ります。
   
 
   
 設置場所が奥まったところでクレーン等の重機が使えず人力運搬、人力施工で設置した
  妻入り型お宮(Mサイズ)と台座。扉は閂だけでなく鍵もかけられます。
  格子には小窓毎に曇ったアクリル板 8 mm厚をボンド止めしたため手間いらずです。
   

       

 ▼ 妻入り型外宮 Mサイズ (製作過程) ご注文〜施工完成まで 約3.0ヶ月と お考え下さい。
         
   
 完成したら、以降何代にもわたり手をかけずに凛とした姿を
  保ち続ける神様の住居をめざしました。
 腐食することが少なく強度のある御影石材を使用し、接合部
  にはダボ筋を芯に入れセラミックボンドで接着
  するなど工夫をします。
   
       
   
 このお宮の大きな特徴は、お宮内部の空間(スペース)が広く
  とれているところにあります。
   大きな御ふだ(木札)、祭儀用具、ご神体、仏像等
  多くの物を収納できます。
   
         
   
 直接、雨風にさらされる屋根部は、お手入れのしやすい
  本磨き仕上げにしました。御影石でも黒みが強い素材を
   使用し重厚感を演出します。
   
         
   
 格子柄の両開き扉は、従来の石扉と比べ堅牢さとデザイン性
  で勝っていると自負しております。
 窓部には 6 ~ 8 mm厚のアクリル板をサイズに合わせて
  はめ込みますので割れ欠けの心配はいりません。
  また扉は閉めるときは閂止めとなりますがご希望により
  鍵掛けも出来るようになります。
   
         
   
 通常  1.胴部 2.階段部他 3.屋根部 の、
  3部分に分けそれぞれ完成し、現場で組み立てます。
 但し、運搬するユニック車が設置場所に横付け出来なかったり 
  クレーンでも届かない場所への設置をしなければ  
  ならない等の理由で現地組立の場合もご相談ください。
   
        
   
 具体的に内部広さを見て下さい。
  正面扉も広いのでかなり大きな神具、祭事具等も
   余裕で格納できます。
   
       
   
 胴部と屋根部の間に独立した天井上部を入れ込むことにより
  屋根からの雨漏りを遮断します。
 屋根部は正面から見て左右一枚ずつの組み合わせで 
  造られますので基本雨漏りは起こりにくいです。
 閂部と閂受け部、扉部の遊びを調節してあるので
  強風で扉部がガタツクことはおきません。
 また、格子窓部は半永久を考慮して厚手のアクリル板を
  使用しました。 
   
       
   
 屋根部の最薄部でも 約 70 mmこれがかなり太めの御影柱
  とダボ筋、ボンドで補強された駆体上に乗り固定される
   ので存在感は半端ありません。
   
       
   
 幕板をつけました。
 そして鈴緒(御鈴につける紐)をつけたかんじです。
  個人的には鈴緒の太さはちょうど良いが、御鈴は
   3倍位の大きさのものの方が映える感じがします。
  左右突出した柱間(鈴緒を結わえた柱延長上)に
  しめ縄を張ることもできます。
   
       

         

   

   

          

  ▼  地蔵堂(石碑収納庫) (完成例と設置過程)

   

 ご注文〜施工完成まで 約3.0ヶ月と お考え下さい。     
   
閂をかけた左斜めからの正面写真
   
          
   
扉を開けた左斜めからの正面写真
   
           
   
右後方からの背面写真
   
       
 二段基礎を造り、その上に
  古い石碑を設置します。
 現存の石碑は、白河石等の
  軟石(なんせき)と呼ばれる
  比較的柔らかい石に彫りこま
  れている物が多く時代を経て
  もろく割れ欠け等や崩れ等が
  出ています。
  補修しながらボンド等で固定 
  します。
   
   
 時代を経た(古い)素材なので
  いれられる所には穴開けし、
  鉄筋をいれ補強します。
   
       
   
 設置するとき水平、垂直に
  注意深く行なわなければ
  いけません。
   
 
       
   
 笠を載せ終わったら旧石碑は
  完成。周囲柱部の設置に
  取りかかります。
 なおこの石碑は笠巾:600
 笠奥:500、高:1200です。
   
  
   
   
 四隅は太い柱を配し、
  土間上の土台柱にも太い柱
  それぞれの接合部には鉄筋を
  いれます。側面、後面の下段
  は掃除しやすいように中柱
  の配置にしてあります。
   
   
   
 屋根は妻入り型となります。
  2枚の屋根が屋根下土台から
  ずれないように立ち上げ
  鉄筋で止まっているため  
  安心です。
  
       

   

  ▼  小型地蔵堂(簡易地蔵堂) 

     

 ご注文〜施工完成まで 約1.5ヶ月

   

< ▲全体図 左斜め上部から>
   
  
   
   
   

     

        

          

 ▼ 四方流れ型外宮(LLサイズ) (製作途中) ご注文〜施工完成まで 約3.0ヶ月と お考え下さい。
         
   
 接合部には鉄筋を入れ地震対策は万全です。
  無垢材を使用しているため存在感がすごくあります。
 次次次世代までもビクともしない建造物を目指すので
  ダボ筋は勿論、セラミックボンドで接着しシール材を
  目地充填するなど工夫をしています。
   
       
   
 お宮の強度を増すために柱、枠を二重に設置します。
  お施主様の意向で材料はグレーぽい G-654 を使用して
  います。黒く見える部分は本磨き、白っぽく見える
  部分は小ノミ仕上げとなります。
   
         
   
 羽目板も一枚物、柱・枠とは勿論ダボ筋で止めています。
  胴部内に棚を組み込むため胴部の補強になっています。
   
         
   
 胴部は大人がゆったりと出来るくらいのサイズ。
  立っても天井にぶつからないサイズです。
   
         
   
 正面扉部です。閂受け部は貫通穴になっています。
  完全にボンドが固まり扉可動部が固定されるまで楔(クサビ
  )止水セメント等でガードします。
   
 
         
   
 胴部には石製の換気カバー、鍵受け、閂受け、後部に銘板
  等が取り付けられました。
 手前パレットには屋根台座の上に屋根材を設置、中心には
  相輪が載っています。
   
 
         
   
   
 完成前写真(正面 扉内部)
   
   
 
         
   
   
 完成前写真(正面 閂を架けた状態)
   
   
 
         
   
   
 完成前写真(正面 左前方より)