このページでは以下の事柄について説明しています

クリックしてください

 Menu ( 総合目次 ) クリックしてください
        
         
  
   
  
     
         
           

     

    

  ▼▼▼ 鳥居各パーツの呼び名と寸法▼▼▼ 

     

   

   

  ▼▼▼ 鳥居の設置 (画像で見る 六尺、八尺サイズ台輪鳥居=稲荷鳥居の設置)

     

 
   
   
 ▲ 00. この現場ではありません。(基礎写真がなかったため転用です)
      六尺サイズ台輪型鳥居の基礎です。
   コンパネで枠造りをして、底部には砕石をいれ敷き均し転圧、その上部に
   コンクリート充填。枠周囲は砕石、土埋め戻しをしました。
   
   
 
   
   
 ▲ 01. この写真では判りませんが、この 八尺大 台輪鳥居の沓石の下には
    約 1 m角のコンクリートベースが埋め込んであります。
   この御影沓石も約 15センチ埋め込んであります。
   この段階で基礎造り後 5 日、沓石据え付け後 1 日が経過しています。
   
   
 
    
   
 ▲ 02. 沓石中央に彫ってあるホゾ穴に、左右柱を埋め込み、
   楔(くさび)で仮立てします。
   
   
 
   
   
 ▲ 03. 左右柱上部に、中央に向かい開いているホゾ穴に、中貫をはめ込み、
   左右柱が均等に傾き、通路に対しては直立するよう案配し、
    ホゾ穴上部隙間に楔(くさび)を嵌め込み、固定します。
   
   
 
   
   
 ▲ 04. 左右柱上部に笠石とのジョイントとなる台輪、
    中貫中央部には額束をセットします。
   
   
 
   
 ▲ 05. 台輪、額束を支点としてその上部に笠木・島木を載せセット。
     中貫延長上に外貫及び楔を左右に配します。
   
   
 
           
   
 ▲ 06. 外貫部が固まるまで紐で固定しておきます。
    目地を入れ、ボンドやモルタル跡等を拭き取り清掃。設置作業は終了です。
    外貫部が完全に固定するには外気温にもよりますが、
    48〜72時間みておいたほうが無難です。