通常、外宮へのお供えは式日以外の通常日は、”お水” ”お米” ”お塩”
   が基本となります。式日は個々人により異なりますが、”御神酒” 
   ”お榊” お稲荷さんなら ”油揚げ” 等の料理、趣向品が基本です。
 この商品は、曇りや晴れの日はとにかく、特に強風や雨天の日には
   何品かのお供え品をいちいち母屋から運ぶ煩雑さをなくし、近年
   話題に上がる ”鳥害” ”猫害” を防ぐべく、ステンねじ釘を多用し
   頑丈に造りました。白木を使用しているので品よく感じられます。
   

      

正面
背面

    

   

Menu ( 総合目次 ) クリックしてください
           
          
   
   
           

            

   

 ▼ 製品No.OSO-001  白木・ステンねじ釘製 お供えおかもち(中サイズ)
                           ¥25,000(神具、送料、税込)
                首都圏限定台座と白木底板への穴開け¥10,000(税込)

 <参考> 全体重:3.4kg
      本体長:480mm、本体奥:314mm、本体高:150mm
      取手長:530mm、取手高:425mm
      皿部スペース巾:370mm、皿部スペース奥:202mm 
       皿部スペース高:107mm  (写真使用皿大:190×130×20mm)
      使用神具1  左右榊立:幅広部2寸×高3.5寸 
      使用神具2  左右平次(御神酒入れ):幅広部2寸×高2.5寸 
      使用神具3  水玉(お水入れ):幅広部2寸×高1.5寸(蓋付き:2寸)
      使用神具4  小皿(お米、お塩):巾2寸×高0.5寸

      

       
お社に近い側には

中央に水玉、その左右に平次(御神酒入れ)、左右端に榊立となります。その奥のお皿は蓋によりさえぎられます。

       
お社から遠い側には

右に右に米粒を盛った小皿、左にお塩を盛った子皿を配します。    これも蓋によりさえぎられます。

       
横から見た ”お供えおかもち” です。

左前方にお社がきます。    右側には参拝者がきます。 写真手前に底板が張り出しているのが分かりますか? 上記正面、背面写真を見ると左右に底板が張り出しているのが分かります。 より固定したい場合任意箇所に穴を開けステンボルトを落とし、固定します。

   

    

 ▼ 製品No.OSO-002  白木・ステンねじ釘製 お供えおかもち(大サイズ)
                           ¥32,000(神具、送料、税込)
                首都圏限定台座と白木底板への穴開け¥10,000(税込)

   

 <参考> 全体重:4.0kg
      本体長:480mm、本体奥:395mm、本体高:150mm
      取手長:530mm、取手高:425mm
      皿部スペース巾:370mm、皿部スペース奥:295mm 
       皿部スペース高:107mm (写真使用皿大:165×165×27mm 2枚)
      使用神具1  左右榊立:幅広部2寸×高3.5寸 
      使用神具2  左右平次(御神酒入れ):幅広部2寸×高2.5寸 
      使用神具3  水玉(お水入れ):幅広部2寸×高1.5寸(蓋付き:2寸)
      使用神具4  小皿(お米、お塩):巾2寸×高0.5寸

     

       
お社に近い側には

中央に水玉、その左右に平次(御神酒入れ)、左右端に榊立となります。その奥のお皿は蓋によりさえぎられます。

       
お社から遠い側には

右に右に米粒を盛った小皿、左にお塩を盛った子皿を配します。    これも蓋によりさえぎられます。

       
横から見た ”お供えおかもち” です。

左前方にお社がきます。    右側には参拝者がきます。 写真手前に底板が張り出しているのが分かりますか? 上記正面、背面写真を見ると左右に底板が張り出しているのが分かります。 より固定したい場合任意箇所に穴を開けステンボルトを落とし、固定します。